難治性メニエール病の症状・診断・治療方法

症状

繰り返すめまいとそれに伴う耳鳴りや耳が詰まった感じが生じる病気です。比較的女性に多い疾患です。梅雨の時期や天候不順な時、精神的肉体的ストレスが多い時に起こりやすい特徴があります。

診断

赤外線フレンツェルにて眼振(眼球の動き)を観察し、その上で聴力検査、重心動揺検査を行い、診断します。中枢性のめまいが疑われる場合はMRIを撮影する必要があります。MRI撮影は原則として枚方公済病院に当院から撮影予約を入れております。

治療方法

薬物治療での治療を行います。ただ、薬の内服で多くの方が改善しますが、繰り返すことが多い病でもあります。

当院での取り組み

薬の効果がない場合や難聴が進行しめまいが頻回に起こる場合は手術を検討します。内耳の一部にリンパ液が貯留しすぎているのが原因といわれていますが、手術を行う場合は中のリンパ液を開放する出口を作る内リンパ嚢手術を行います。

難治性メニエール病の手術・内リンパ嚢手術について