アブミ骨手術

耳硬化症という疾患に対して行われる手術となります。

病変したアブミ骨を摘出して人工の代用アブミ骨を留置するアブミ骨手術は、非常に繊細な操作が必要とされ、熟練した術者が行うことを求められることから、国内でも手術を行っている施設は多くありません。

アブミ骨手術は耳の前から切開し行われることが一般的ですが、当院では耳の後ろを5~7cm切開し手術を行います。

基本1泊2日または2泊3日の入院となり、手術は、全身麻酔で行います。およそ術後3時間程度で動いたり食事を摂っていただいたりする事が可能になります。

症状の程度にもよりますが、術後8割~9割の方で聴力の改善が期待されます。(※1)

(※1)当院で2017年に行った調査では、アブミ骨手術をうけられた方(15~74歳)、30例33耳のうち32耳において聴力改善成功という結果でした。(日本耳科学会成功判定基準による)

アブミ骨の摘出手術

アブミ骨の摘出手術

代用アブミ骨移植

代用アブミ骨移植