慢性中耳炎の症状・症例

症状

何度も中耳炎を繰り返しているうちに、鼓膜穿孔が生じ、耳漏を繰り返すようになります。
若いころは難聴の自覚がなくても、徐々に難聴が進行してゆきます。
風邪をひいたり、水泳をしたりした後に、症状がひどくなることがあります。

症例1:慢性中耳炎(鼓室硬化症)

慢性中耳炎(鼓室硬化症)の例
鼓膜穿孔があり、鼓膜の表面に石灰化をみとめます(石灰化により鼓膜が硬くなり鼓膜や耳小骨の動きを妨げている)。聴こえにくい以外の自覚症状はありませんが、穴があいている状態が続くと聴力の悪化が早くなります。

症例2:慢性化膿性中耳炎

慢性化膿性中耳炎の例
鼓膜穿孔があり鼓室から膿が流れ出しており、長年の炎症のため外耳道も肥厚しています。 鼓膜穿孔が大きくなり細菌感染が進むと、内耳にも炎症の影響が及び、感音難聴、耳鳴りを引き起こすことがあり、難聴も進行しやすくなります。

診断

耳内の診察、聴力検査、細菌検査、CTで診断します。

グラフ1(聴力検査 ~鼓室硬化症~ )

聴力検査-鼓室硬化症の例
上記症例1の聴力のグラフです。赤のグラフは右耳、青のグラフは左耳を表しています。右耳に鼓室硬化症を患っており、低音域の聴こえの悪化が著しくほとんど聴こえていない状態です。

グラフ2(聴力検査 ~慢性化膿性中耳炎~ )

聴力検査-慢性化膿性中耳炎の例
上記症例2の聴力のグラフです。赤のグラフは右耳、青のグラフは左耳を表しています。右耳の高音域も加齢のため悪化していますが、左耳は慢性化膿性中耳炎と長年の炎症で外耳道も肥厚しているため全く聴こえない状態です。

治療

耳漏のコントロールだけであれば薬物治療で可能なことがありますが、根本的に聴力も含めて改善させるには、手術以外の方法がありません。
症例3は慢性中耳炎の手術前と術後8ヶ月を見比べたものです。
詳細については鼓室形成術を参照ください。

症例3

慢性中耳炎術前術後

当院での取り組み

外耳道後壁保存(canal wall up technique)で行います。必ずしも手術しなくてはいけない病気ではないですが、患者さんご自身の症状改善のご希望がある場合に行っております。術後成績は病状によって変わりますが、単純な鼓膜穿孔のみで耳小骨連鎖が保たれている場合は約80~90%以上の方で改善します。

慢性中耳炎の手術法・鼓室形成術について