岩永医師による中耳・難聴外来

岩永医師による中耳・難聴外来を 毎週木曜日の午前診(9:00~12:00)に行っております。

事前予約制の専門外来ですので、受付0774-64-0789まで予約申し込みのご連絡をお願いします。

初診時の検査と費用

初診の方は、以下の検査を行います(症状により検査項目が異なります)。

標準純音聴力検査(350点)
ティンパノグラム(340点)
鼓膜の動きやすさを調べる検査。
耳小骨筋反射検査(450点)
耳小骨の動き具合を調べるための検査。耳硬化症などの疾患では動きが悪くなるため、診断の助けになります。また顔面神経の機能を調べるときにも行います。
中耳ファイバー検査(240点)
側頭骨CT(560点)
など

これに初診料(282点)が加算されます。

担当医の紹介

京都みみはな短期滞在手術センター 所長 岩永 迪孝

経歴

耳の疾患と症状

慢性中耳炎

症状として反復して耳漏(みみだれ)が出る、聴こえにくい、閉塞感がある等です。多くの場合通院治療では治療困難で、手術を行うことにより年数がたっていても治癒する可能性があります。

慢性中耳炎についての詳細

真珠腫性中耳炎

真珠種は腫瘍ではないが中耳炎を繰り返すうちに一部の組織が球状に増殖したり、鼓膜の一部が中耳腔に入り込み、周囲の組織を破壊していく病気です。

自覚症状がない場合が多く、診察で偶然発見される場合も珍しくありません。

幼少時から中耳炎を繰り返しておられる方に多く見られます。

内耳に進行した場合めまいや顔面麻痺などの神経症状が出ることがあり、この場合は緊急手術が必要となります。

成人の真珠腫(後天性)についての詳細

小児の真珠腫(先天性)についての詳細

滲出性中耳炎

痛みは基本的になく、耳の閉塞感または聴こえにくい症状です。中耳に浸出液がたまっている状態で、急性中耳炎の発症に続き起こることが多くなっています。自然治癒も望めますが症状が続く場合はご来院をお勧めします。一部の方は上述した真珠腫に進展する事があります。

耳硬化症

音を伝えるための耳小骨の一つ(アブミ骨)が固着して、有効に音が伝えられなくなる病気です。欧米人の方が起こる頻度が高いですが、日本人でも決して稀な病気ではありません。手術により多くのケースにおいて聴力改善が期待できます。ただし、診断が難しい場合があり、年齢のせいだとあきらめておられる方の中でも、実は本疾患であり手術により聴力改善可能であるというケースもあります。

耳硬化症についての詳細

突発性難聴

突発的に聴力の著しい低下がみられ、近年若年層に多い病気の一つです。現在、原因不明の難聴とされています。発症後すぐに治療すれば、3分の2は改善または治癒する可能性がありますが、2週間以上放置すると改善の可能性はほぼなくなってしまいます。