内転型けいれん性発声障害の症状・症例

症状

内転型けいれん性発声障害は、声を出そうとすると自分の意思と無関係に声帯が異常な動き方をしてしまう病気です。声を出そうとすると声がつまる、声が震えるなどの症状が起こり、苦しく絞り出すような声になったり、息漏れ声、かすれ声になるケースもあります。

声帯そのものの性状には異常がないことが多く、耳鼻咽喉科医の診察にても診断がつかないこともあります。

この症状と逆に、声が抜けすぎてしまう外転型けいれん性発声障害もあります。

症例1. 男性 50歳

詰まりがひどい例

症例2. 女性 37歳

震えがひどい例

症例3. 女性 25歳

詰まりとかすれがひどい例

症例4. 女性 30歳

 

診断

経鼻内視鏡検査による発声時の声帯の様子、症状の問診を総合して診断します。

経鼻内視鏡検査では、発声時に左右の声帯が強く内転し、空気の抜けが悪くなっている状態、さらに声帯上部の組織(仮声帯)が内側に寄り、声帯が見えにくくなる状態が見られます。また、声帯の閉鎖が強いあまり、泡状になった粘液が声帯の前方に付着していることもあります。

発症のきっかけは様々です。徐々に症状が出現し悪化することもあれば、日常生活の中で突然、発症することもあります。通常の発声ではつまった声となるものの、裏声だと声門に隙間ができ、つまりが改善する場合があります。

けいれん性発声障害の患者さまの数は少なく、病気についての詳しい知識を持っておられない医師もいますので、ご自身の症状が上記に近ければ、特に音声専門の耳鼻咽喉科医を受診することをお勧めします。

治療

ボツリヌス毒素を注射することにより一時的な改善を見ることもありますが、薬の効果が数カ月で切れるので注射を繰り返す必要があります。
それに対して一色医師らが行っている喉頭枠組手術(甲状軟骨形成術Ⅱ型)は長期にわたる効果の持続が期待できます。

当院での取り組み

当院では心理療法、発声訓練、薬の服用などでの症状改善はほとんど期待できないと考えています。

そのため内転型けいれん性発声障害の治療には、声帯前方の付け根を少し広げ声帯が過度に閉まるのを防ぐ甲状軟骨形成術Ⅱ型手術を採用しています。

2003年、世界で初めて一色医師が披露した治療法(甲状軟骨形成術Ⅱ型)を行ってから15年経過しますが、再発はほぼありません。

比較的まれな疾患ですが、近年この病気の認知度が上がり、診断に至る例が増えています。

一色医師が考案した甲状軟骨形成術II型に用いられるチタンブリッジも、厚労省の審査を経て、2018年6月より正式に保険が適用されることになりました。当院においては、378症例(2018年6月末現在・外転含む)に対して手術を行っています。

一色の甲状軟骨形成術2型について

声のお悩みをお聞かせください

日常の生活において、あなたが自分の声に感じることをお聞かせください。

音声外来専用お問い合わせフォーム
けいれん性発声障害の方もこちらから

お問い合わせ送信後、あなたの声を録音した音声ファイルもしくは録画した動画を送信頂くこともできます。読み上げる文章は本院ボイストレーナー轟による発声サンプルをお聞きください。

サンプル音声を聞く

診察日が決まっている方はこちらからお願いします。

診察日が決定した方専用の症状送信フォーム

声のお悩みは他の病気とは違い、客観的には支障が少ないようでも、本人様にとって社会生活上の悩みは深刻です。一方で、より身近に声帯の手術を受ける事が出来る時代でもあります。当院医師と相談しつつ、一緒により良い生活を築いていきましょう。
日頃感じるあなたの声に関するご回答を基に、当院から連絡し解決への道のりをご提案させて頂きます。
まずは私たちと共に不安の軽減に努めましょう。