医師紹介

TOP > 当院について > 医師紹介

医師紹介

廣芝医師

廣芝 新也

医療法人顕夢会 ひろしば耳鼻咽喉科 院長
耳科手術部門長
音声外来・手術担当

大阪赤十字病院にて田邉正博先生、岩永迪孝先生に師事。高いレベルの医療と患者さんへのきめ細かいサービスを提供する施設作りに取り組んでいる。

経歴

1994 京都大学医学部卒
1994~ 京都大学医学部附属病院、大阪赤十字病院に勤務
1999 ひろしば耳鼻咽喉科開設
2010~ 当手術センター開設

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
  • 日本耳科学会
  • 日本鼻科学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本気管食道科学会(認定医)
岩永医師

岩永 迪孝

医療法人顕夢会 ひろしば耳鼻咽喉科
京都みみはな手術センター 所長
耳科手術部門統括顧問
中耳外来担当

中耳手術の執刀症例数は1万件を超える(週刊アサヒの全国統計によれば、鼓室形成術の症例数は2003年から2009年まで全国1位)。

経歴

1969 京都大学法学部卒
1976 京都大学医学部卒
1992 大阪赤十字病院にて副院長・耳鼻咽喉科部長を務める
2009 第12回日本耳科学会総会でライブ手術の術者を務める
2010 当手術センター所長、関西電力病院耳鼻咽喉科顧問

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会 評議員
  • 日本耳科学会 評議員
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 日本気管食道科学会
荻野医師

荻野 枝里子

鼻科手術部門長
嗅覚外来担当

京都大学では鼻内視鏡手術の臨床・教育に従事。精力的に学会活動にも取り組んでいる。

経歴

1999 滋賀医科大学卒業
1999~ 東京医科歯科大学耳鼻咽喉科に勤務
2009~ 京都大学付属病院耳鼻咽喉科に勤務
2012~ 京都逓信病院に勤務
2014~ 1月より当院にて勤務

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
  • 日本鼻科学会
  • 日本耳科学会
  • 日本聴覚医学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 補聴器適合判定医
東家医師

東家 完

国内外で音声に関する臨床、研究に従事。

経歴

2005 熊本大学医学部卒業
2007~ 熊本大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 医員
2012 熊本大学大学院 博士号取得
2012~ 米国ウィスコンシン大学 研究員
2014~ 熊本大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 医員
2015~ 熊本大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
  • 日本気管食道科学会
  • 日本喉頭科学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本鼻科学会
一色医師

一色 信彦

「喉頭枠組み手術」の開発者としての功績から、自らの名前を冠した「一色賞(Isshiki Award)」がイギリスにて創設された。
当手術センター(一色記念ボイスセンター)においては、けいれん性発声障害をはじめとした音声外科・音声障害の診断、治療相談を行う(外来診察/事前予約制)。

経歴

1954 京都大学医学部卒
1962 米国カリフォルニア大学に留学(音声の研究)
帰国後京都大学耳鼻科講師に就任
1980 京都大学形成外科教授 退官後名誉教授となる
1993 一色クリニック(京都ボイスサージセンター)開業
2011 上記クリニックの診療終了
当院にて音声外来、手術を担当

所属学会

  • 米国耳鼻咽喉科学会名誉会員
  • ハンガリー音声言語学会名誉会員
  • 第3回国際音声外科学会会長

表彰・受賞

  • 音声外科の業績に対して、本邦で始めてActa Prize 受賞(1999)
  • 10年にわたる音声外科の教育指導(ワークショップ)に対し
    Mayo Clinic功労賞授与/米国メーヨクリニック(2007)
  • Gouldグールド賞
  • Gutzmannグッツマン賞

出版

Phonosurgery(音声外科)/Springer-Verlag社

声帯の麻痺、声帯の萎縮など難治といわれてきた声の病気が、喉頭の枠組みの手術で治ることを報告、現在一色の甲状軟骨形成術として広く世界で行われている。海外で特別講演、手術供覧をすることも多い。35年間に喉頭枠組手術800余例を行う。
唇裂口蓋裂:「みつくち」の手術に改良を加え、正常のくちびるの様に人中、キュウピッド弓を作れるようになった。口蓋裂による言語障害は手術法の改良、言語治療の進歩により著しく減少した。(京都新聞文化賞)

田邉医師

田邉 正博

当手術センター(一色記念ボイスセンター)においては、けいれん性発声障害をはじめとした音声外科・音声障害の診断、治療相談を行う(外来診察/事前予約制)。

経歴

1966 京都大学医学部卒
1966 京都大学医学部耳鼻科入局。
入局以来、一色の主宰する音声研究室に所属。
共同研究者として数多くの喉頭枠組み手術を行う。
1972 ニューヨーク市レノックスヒル病院留学、
京都大学助手、高知医大耳鼻科助教授、
大阪赤十字病院耳鼻科部長、同副院長
2005 高松赤十字病院院長
2009 一色クリニック副院長
2011 当院にて音声外来、手術を担当

所属学会

  • 第47回音声言語医学会総会会長
  • 日本喉頭科学会評議員
  • 日本耳鼻咽喉科学会参与
  • 日本音声言語医学会参与
  • 日本 気管食道科学会参与
  • 耳鼻咽喉科専門医、気管食道科専門医
田口医師

田口亜紀

間違った発声方法や声の酷使などで音声の障害をきたしていたり、手術の適応ではない患者様の発声方法を指導する音声治療を専門に診察しています。
音声障害症例に関する音声治療(訓練)を手取り足取りお教えします。

経歴

1996 愛媛大学医学部卒業
愛媛大学医学部付属病院研修
1998~ 松山赤十字病院耳鼻咽喉科
2000~ 愛媛大学大学院
2004~ 愛媛大学医学部耳鼻咽喉科
2008~ 愛媛大学大学院医学系研究科耳鼻咽喉科特任講師
2010 スタンフォード大学に短期研修(1月~3月)
2014 山王病院東京ボイスセンターにて研修(4月~6月)
2014~ 松山赤十字病院耳鼻咽喉科副部長
2016~ 愛媛大学医学部耳鼻咽喉科非常勤講師
松山赤十字病院勤務

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
  • 日本気管食道科学会(専門医)
  • 日本音声言語医学会(評議員)
  • 日本喉頭科学会
  • 日本嚥下医学会
  • 日本鼻科学会
  • 耳鼻咽喉科臨床学会

麻酔科医師

武内 順子

経歴
1989 : 奈良県立医科大学卒業
1989~ : 奈良県立医科大学付属病院
国立循環器病センター
京都大学医学部付属病院
滋賀県立成人病センター関西電力病院に勤務。
滋賀医科大学付属病院非常勤講師。
現在 : 京都大学麻酔科所属
枚方公済病院非常勤医師

所属学会

  • 日本麻酔科学会 認定専門医・指導医
  • 日本ペインクリニック学会

池田 和香葉

所属学会

  • 日本麻酔科学会 認定専門医

ボイストレーナー

轟トレーナー

轟 美穂

自らが主宰する「ボイスコネクション」にて、声と話し方に関するレッスン、研修を実施。音声のプロとして現場で培った技術を基に声のデザインを手掛ける。

音声外来 : 第1週を除く木曜日 13:00~16:00 音声外来のご案内

轟美穂のボイスコネクション

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
すべての情報送信は暗号化により保護されます。