TOP > 入院手術の手続き > 麻酔について

当院で行う手術について

麻酔について

当院の麻酔について

麻酔とは、手術の間、単に痛みをなくしたり眠らせたりすることではありません。あなたの体が手術に最もよく耐えられるようにあなたの体を護ることです。

麻酔科医は、あなたの体の状態から判断して最適と思われる方法で麻酔を行い、手術中はあなたの体の状態に絶えず気を配って手術が安全かつスムーズに進行するように監視しています。当院では全症例、全身麻酔を麻酔科医が担当しております。

麻酔の流れ

手術室に入りましたら、手術台に移っていただき、まずは心電図と血圧計をつけます。手術室で手の静脈から点滴を取り、ここから麻酔の薬が入ることで全身麻酔が始まります。あなたの意識があるのはここまでです。小児など点滴がとりにくい場合はマスクで麻酔のガスを吸引して眠っていただきます。

以後はあなたが全く知らない間に行われることですが、意識が無く、痛みを感じないように麻酔薬を投与すれば息が止まってしまいますので、口(叉は鼻)から気管へ人工呼吸の管(気管チューブ)を入れて、人工呼吸を行います。

このあと皮膚を消毒していよいよ手術開始です。

手術が終了し、麻酔科医が麻酔薬の投与を中止すれば速やかに覚醒します。充分に麻酔から覚めたことを確認したら気管チューブを抜いて、病室へ帰ります。

手術の痛みは傷口に局所麻酔をおこなっているので、手術後数時間はほとんどないようです。痛みが出てきたら、痛み止めのお薬をその都度、行いますので、スタッフにお知らせください。

全身麻酔に伴う合併症

あなたが最も心配している麻酔合併症についてのお話をしましょう。
麻酔薬やモニター機器の進歩により、麻酔の安全性は近年大変高まりました。そのため麻酔に関する合併症の頻度も非常に低くなりましたがゼロではありません。

  • 歯の損傷・声のかすれ・のどの痛み:全身麻酔のときは口から気管に気管内チューブを入れますが、その時に歯を損傷することがあります。特にグラグラの歯や1本だけ残った歯は損傷の頻度が高くなります。はずせる入れ歯は前もってはずしてきて下さい。また手術の後、声がかすれたりのどが痛んだりすることがありますが、普通は2~3日でよくなります。ごくまれに、声のかすれが続き、治療が必要となることがあります。
  • 術後肺炎:全身麻酔の後は、肺のふくらみが不十分となり、また痰が多くなりしかも出にくくなるため、肺炎をはじめとする肺の合併症を起こしやすい状態です。予防のために手術前に深呼吸の練習をしておいて下さい。また手術後も繰り返し深呼吸をし、咳をして痰を出すようにしてください。
  • 悪性高熱症:全身麻酔に伴う、非常に稀ですが重大な合併症です。麻酔中に体温がどんどん上昇して40度以上にもなり全身の筋肉が固くなる病気です。家族性に発症することもありますので、あなたの家系ではこのようになった方がおられましたら必ず申し出てください。最近の統計では、発生頻度は全身麻酔1万~5万例に1例、死亡率は10~20%です。

いずれの麻酔方法でも起こりうる合併症

  • 肺塞栓:長時間体を動かさずにいると、血流がとどこおり、血管中に血栓(血の固まり)が出来ることがあります。大きくなった血栓で肺の血管が詰まると呼吸不全、心停止を起こすことがあります。手術後の肺塞栓症の発生頻度は0.7~2.3%、発症した場合の死亡率は約30%と報告されています。血栓が出来るのを予防するために、弾性ストッキングを着用することをおすすめしています。
  • アナフィラキシー:投与した薬に対して体が過剰に反応して起こる強いアレルギー反応のことです。どのような薬に対しても起こり得ます。以前に薬や注射でアレルギーが出たことのある方、家族の方に出たことがある方は申し出てください。
  • 心臓の障害(心筋梗塞、心停止など)、脳の障害(脳梗塞、脳出血など):もともと危険性の高い方ではごく稀に起こることが報告されています。最近の我が国の調査では、麻酔のみが原因の心停止は1万例につき約1例です。

これら合併症が起きた場合、緊急を要するときには
麻酔中や術後に適当と判断した処置を行います。

文責:日本麻酔科学会 指導医 武内順子

▲トップに戻る