音声の手術の手引き

手術前の検査

まずは外来診断を受診して頂きます。
診断の結果、手術の必要性があれば手術の日程を決定します(スケジュール表などをお渡しします)。

術前検査の受診

術前検査のイメージ術前検査を手術の一ヶ月前に受けていただきます。看護記録を記入しご持参下さい。

【12歳~65歳までの方】
原則当院で術前検査を行います。
【65歳以上の方】
枚方公済病院にて受診願います(遠方の方は他院でも可能です)。また術前検査で異常が出た場合、病院受診や追加検査をお願いする場合があります。

また、常用されている薬・お薬手帳があれば重ねてご持参下さい

入院説明・手術説明

手術説明・入院説明を2週間前位に行います。
当院にて医師から手術に関する説明を行います。同時に看護師から入院の説明等を行います。 なるべく、ご家族と一緒にご来院下さい。現在内服されているお薬またはお薬手帳があればご持参下さい。

手術日が近くなり、風邪症状があればご連絡ください。
また他の患者様で緊急手術が必要な場合、手術の日程変更をお願いすることがあります。
禁煙は最低7日前より行ってください。

麻酔医師による術前診断

麻酔科医師の診断

術前検査 の結果を麻酔科医師が判断します。
カルテ診断になりますので患者さまの診察はありません

手術当日に麻酔科医師との面談を行いますが、ご希望の方は前日までに面談を行うことも可能です。 内科などで治療中の病気や過去に大きな病気がある場合は、かかり付けの病院への紹介状をお渡ししますので、 なるべく早く受診の上お返事願います。

※麻酔科医による術前診断で、やむを得ず手術が中止になる場合があります。

前日確認

前日看護婦が電話し、体調をお伺いします。

手術日の注意事項

午後手術の方

水分摂取可能時間 当日のAM11:00まで

入院時間 PM12:00(3階受付)

フロアマップをご参照ください

手術前の注意事項

入院持参物品のご確認

 

早めに限度額認定証の申請を保険者へお手続きしていただき、入院当日に必ずお持ち下さい。 お忘れになられると手続きができませんので、必ずご提出をおねがいします。

限度額認定証の申請について(厚生労働省のサイト)

術後の手引き

夕食 朝食

手術後は、30分で飲水、食事共に可能です。トイレには歩いて行けます。発声禁止です。咳払いも控えめに。

術後の生活

1週間は沈黙療法を守り会話時は筆談して下さい。咳払いも控えめに。
翌週より小さめの声で発声可能ですが、ひそひそ話や電話も控えめに願います。約1カ月後には通常ですが、騒音下の会話にはご注意ください。
創部は手で触らないで下さい。また、テープもはがさないで下さい。

以下日常生活で気をつけるべき項目をご確認ください。

食事とお酒
食事は硬いもの、刺激物は避けるようにして下さい。出血原因になる為、1週間禁酒が必要です。
入浴
胸下シャワー浴、シャンプーが出来ます(湯船には入れません)。傷口やガーゼがぬれないようにして下さい。術後7日で入浴できます(最初は出血の原因になるので、熱い湯や長湯はしないで下さい)。
運動
出血しないよう重労働や運動は1週間避けてください。
発声の許可が出ても長時間の会話は避けてください。
タバコ
喫煙は粘膜の刺激になり治りが遅くなるので、できるだけ長く禁煙を続けて下さい。
排泄
排便時、力むと出血の原因になるので便秘にならないようにして下さい。 便秘の方は、下剤を処方しますので申し出て下さい。
お薬
食後に抗生剤を服用します。処方されたお薬はなくなるまでお飲みください。。

ご退院

翌日AM9:00頃に診察を行ってから、ご精算となります。
看護師より退院の説明もございますので、お迎えのご家族様同席の場合はAM9:00頃に来院ください。 

通院について

通院は週1回程度です。手術後1週間で抜糸します。抜糸後発声できます。通院期間は徐々に間隔が開いてきます。 
出血・息苦しさなどの症状があれば、すぐに受診して下さい

手術を受けられた方には、その後の通院日をお知らせ出来るメール配信システムをご紹介しております。その他WEB予約システムなど術後のフォローアップを通じて患者様のQOLにも心がけております。

WEB予約システムへ