声のかすれの症状・症例

発声の仕組み

声は閉じた声帯のすき間を空気が通り、声帯が振動することで生じます。声帯はのど仏(喉頭)の中に存在し、呼吸をするときに開き、発声をするときに閉じます。

力強い音声を発生させようとすると、声帯がしっかりと振動しなければなりません。そのために、声帯はボリュームがあり、やわらかく、ハリがあることが重要となってくるのです。

吸気時と発声時の声帯のイラスト

声のかすれの原因

しかしながら、加齢により声帯が痩せてしまった状態(声帯萎縮症、声帯溝症)や硬くなった状態(声帯瘢痕症)によって声帯が萎縮して締りが悪い状態になってしまう事があります。

発声のときに声帯のすき間が広く開きすぎる状態(声門閉鎖不全)になると、声帯は振動しにくくなり、声がかすれたり、力を入れなければ声が出なくなったりします。

声門閉鎖不全の声門のイラスト

疾患に対し既に行われている治療法

声門閉鎖不全を改善するための治療として、音声改善術(手術治療)や声帯への注射療法などがあります。

音声改善術

頚部の皮膚に切開を行い、のど仏の骨に穴を開け、声帯を外側から押し込む手術(甲状軟骨形成術Ⅰ型)です。局所麻酔を行い、声を聞きながら調節を行います。重度の声門閉鎖不全の方に有効です。

発声の仕組み

声帯への注射

声帯にボリュームを持たせるため、以下の材料を注射します。

ヒアルロン酸

外来での施術が可能です。1ヶ月から数ヶ月間効果が続きますが、徐々に体内に吸収され、元に戻ります。効果が無くなるたびに注射を行う必要があります。

自家脂肪

一泊の入院が必要です。全身麻酔下にお腹の脂肪を採取し、声帯に注射します。注射した脂肪は小さくなりますが、ある程度のボリュームは回復します。数回の施術が必要なことがあります。

注射器

その他

当院では多血小板血漿(PRP)の声帯内注射が、声帯のボリューム改善や声帯の組織修復に効果的ではないかと考え、現在研究に取り組んでいます。

声帯内多血小板血漿(PRP)注入について

患者様の声帯の状態を確認させて頂き、上記の方法から最適な治療を相談させて頂きます。

声のお悩みをお聞かせください

日常の生活において、あなたが自分の声に感じることをお聞かせください。

音声外来専用お問い合わせフォーム
けいれん性発声障害の方もこちらから

お問い合わせ
音声外来専用お問い合わせ