TOP > 疾患について > 外転型けいれん性発声障害

外転型けいれん性発声障害

 症状

痙攣性発声障害の90%以上は内転型(声が詰まる、震える)ですが、まれに外転型といわれる「声が抜けすぎて話せない」症状の方もおられます。

外転型の方への治療は、いまだ確立された方法はありませんが、かなり重症の方の場合は、甲状軟骨形成術を組み合わせることで症状が改善される方もおられます。

以下の動画をご覧ください。

症例. 女性

抜けがひどい例

当院での取り組み

外転型に対しては、まずはボトックス注射を試みていただきます。ボトックス注射が 効果がある場合は、それを繰り返していただいても良いですし、手術を選択しても良 いかもしれません。 声が抜ける程度にかなり差がありますので、一概には言えませんが、長い文章が話せ ないくらいにひどい方は手術を選択しても良いと考えております。

当院で行う手術のご紹介

音声外来専用お問い合わせフォーム

サンプル音声を聞く

診察日が決定した方専用の症状送信フォーム

声のお悩みは他の病気とは違い、客観的には支障が少ないようでも、本人様にとって社会生活上の悩みは深刻です。一方で、より身近に声帯の手術を受ける事が出来る時代でもあります。当院医師と相談しつつ、一緒により良い生活を築いていきましょう。

日頃感じるあなたの声に関するご回答を基に、当院から連絡し解決への道のりをご提案させて頂きます。
まずは私たちと共に不安の軽減に努めましょう。

▲トップに戻る