TOP > 疾患について > 性同一性障害・GID(M to F)・男性化音声

性同一性障害・GID(M to F)・男性化音声の悩み

 症状

性同一性障害の方々の多くは、外見上の問題もさることながら、電話でも男性に間違われてしまったり、ご自身の低い声を聞くことそのものが苦痛に感じられるというお悩みもお持ちです。
確実に声を高くできるのは、やはり手術的治療(甲状軟骨形成術Ⅳ型)が第一選択ですが、何らかの理由で手術を受けられない場合は、声帯へのステロイド注射を繰り返すことで少しずつ高い声になってきます。

症例1. 男性

性同一性障害・GID(M to F)の症例

当院で行う手術のご紹介

音声外来専用お問い合わせフォーム

サンプル音声を聞く

診察日が決定した方専用の症状送信フォーム

声のお悩みは他の病気とは違い、客観的には支障が少ないようでも、本人様にとって社会生活上の悩みは深刻です。一方で、より身近に声帯の手術を受ける事が出来る時代でもあります。当院医師と相談しつつ、一緒により良い生活を築いていきましょう。

日頃感じるあなたの声に関するご回答を基に、当院から連絡し解決への道のりをご提案させて頂きます。
まずは私たちと共に不安の軽減に努めましょう。

▲トップに戻る