TOP > 疾患について > 声変わり障害・変声障害

声変わり障害・変声障害

 症状

男性の場合、通常は思春期にいわゆる「声変わり」を経ますが、時に声が甲高いままになったり、低い声は出るものの頻繁に裏返ったりすることがあります。症状が長期間続いている場合は、積極的に治療します。まずは音声訓練を行いますが、あまり効果がない場合や思春期を過ぎて数年以上経過する場合は手術を選択します。
劇的に効果が得られます。

症例1. 男性

声が高くて悩んでいる。

症例2. 男性

男性にしては高い声で悩んでいる。
ときおり、声が裏返ったりする。

症例3. 男性

当院での取り組み

当院では手術によるこえの治療を推奨しています。

当院で行う手術のご紹介

音声外来専用お問い合わせフォーム

サンプル音声を聞く

診察日が決定した方専用の症状送信フォーム

声のお悩みは他の病気とは違い、客観的には支障が少ないようでも、本人様にとって社会生活上の悩みは深刻です。一方で、より身近に声帯の手術を受ける事が出来る時代でもあります。当院医師と相談しつつ、一緒により良い生活を築いていきましょう。

日頃感じるあなたの声に関するご回答を基に、当院から連絡し解決への道のりをご提案させて頂きます。
まずは私たちと共に不安の軽減に努めましょう。

▲トップに戻る