TOP > 疾患について > 声帯麻痺

声帯麻痺

症状

麻痺によって声帯が閉じなくなるために声が出なくなったり、むせって食べ物が気管に入ってしまったり、嗄声(させい)といって息漏れによるしわがれ声になります。声帯の両側が麻痺した場合は呼吸困難になり、片側の麻痺では嗄声と共に誤嚥(ごえん)を起こしやすい等があります。

症例1. 男性

右側の声帯が麻痺している例

症例2. 男性

左側の声帯が麻痺している例

症例3. 男性

左側の声帯が麻痺している例

診断

声帯イラスト声帯麻痺の原因は様々です。先ずその原因を調べる必要が有ります。
肺癌、甲状腺癌、食道癌などの初期のただ一つの症状の場合も有るからです。

その他、脳の疾患(例えば脳硬塞、脳外傷、脳出血など)、長時間挿管麻酔を施した後や、先天性の場合 などがありますが、ほとんどは原因不明で、特発性と呼んでいます。しかしその中でもかなりの部分はウイルス性と考えられています。

声帯麻痺の特徴は、一旦麻痺すると治り難い点です。
全身麻酔の後の麻痺は、多くはチューブによる圧迫によるものですから、徐徐に回復する事があり、また先天性のものも回復する事があります。麻酔後の麻痺の多くは1ヶ月以内に回復し、特発性のものも時には治りますが稀です。1年経っても回復しないものは、もう回復しない可能性が高い様です。

症状は殆どが嗄声ですが、麻痺した声帯の位置により、嗄声は軽かったり(麻痺声帯が正中近く)酷かったりします。誤嚥(ごえん)を伴う事も有ります(麻痺声帯の箇所が外側ですと、声帯を閉じた時に大きな隙間が出来、酷い嗄声になります)。両側麻痺は、時には呼吸困難を来す事もあります。

治療

全身麻酔後の麻痺に対しては成るべく早く短期間ステロイド療法を行います。
それ以外の麻痺は、声が出し難い場合や酷い嗄声の場合は手術をします。 声は必ず良くなります。

当院での取り組み

通常、麻痺が起きてから6ヶ月(自然に治る可能性のある期間)を経ってから手術します。

  1. 声帯を正中に寄せる為、声帯に人工物(例えばコラーゲン)を注入する。
  2. 声帯に、筋膜とか脂肪を挿入する方法(全身麻酔下、入院手術)
  3. 甲状軟骨に窓を開け、押し込み、声帯を真中に寄せる方法

(一色の甲状軟骨形成1型、ひどい嗄声の時は隙間が大きいので裂軟骨内転術を行います。 この方法では局所麻酔下に声を出してもらいながら手術し、良い声が出るまで調整するので、必ず声は良くなります。

当院で行う手術のご紹介

音声外来専用お問い合わせフォーム

サンプル音声を聞く

診察日が決定した方専用の症状送信フォーム

声のお悩みは他の病気とは違い、客観的には支障が少ないようでも、本人様にとって社会生活上の悩みは深刻です。一方で、より身近に声帯の手術を受ける事が出来る時代でもあります。当院医師と相談しつつ、一緒により良い生活を築いていきましょう。

日頃感じるあなたの声に関するご回答を基に、当院から連絡し解決への道のりをご提案させて頂きます。
まずは私たちと共に不安の軽減に努めましょう。

▲トップに戻る