院内イメージ

TOP > 当院について > 一色記念ボイスセンター

一色記念ボイスセンター

約半世紀にわたり、音声治療の第一人者として活躍され世界的にも有名な一色信彦医師。一色が開発した甲状軟骨形成術を継承、発展させるべく設立いたしました。声の悩みに応えるための専門的施設です。

  • 術中イメージ
  • レセプトイメージ

声の悩み全般

術後の発声トレーニング

2006年6月25日朝日新聞「声の不思議」出版掲載

2006年6月25日朝日新聞
「声の不思議」出版掲載

PDFを見る

2011年9月11日の読売新聞

2011年9月11日の読売新聞
「Isshiki prize」のニュース

PDFを見る

声の担当医師

全国でも有数の耳鼻咽喉科各分野の医師が手術・治療を担当
※手術執刀担当医師の指定はできません

  • 一色医師
  • 田邉医師
  • 廣芝医師
  • 轟ボイストレーナー

一色寄りみなさまへ

私どもは、声の悩み、声の疾患の治療を各々の専門領域の立場から行い、かなりの成果を上げて参りました。 例えば医学領域では、音声外科医の立場から、治りにくい声の病気、痙攣性発声障害に対して、独自に開発した喉頭枠組み手術(甲状軟骨形成術2型)を行ない、世界に先駆け画期的な成績を収めて参りました。

しかしその過程で、声の病気は実に多種多様で、当然の事ながら、いち専門分野からのアプロ-チでは到底解決出来難い事が明らかになって参りました。密接な共同治療が必要です。 いくら楽器を直しても、その使い方が間違っていれば、良い音は出ません。

声を専門とする職業、例えば声優、アナウンサー、講演者等の人々にもご満足頂ける様な、最高の治療法、訓練法を目指して、高度な発声法訓練法に通じた専門家と、音声外科医が共同治療しております。

1人1人の問題を時間をかけて明らかにし、診療訓練して行く。難治性痙攣性発声障害はもとより、性同一性障害の声の高さの問題、加齢に伴う声の変化などの問題についても積極的に取り扱って参ります。

諦めていた方も、どうぞ一度ご相談下さい。

書籍、DVDのご案内

「声の不思議」
声帯麻痺、けいれん性発声障害、声を高くする、声を低くする、声帯萎縮など14症例の術前術後の声の変化を、 動画と音声で紹介。
「咽頭機能外科」
一色著「咽頭機能外科」
1977年(S52)日本耳鼻咽喉科学会で発表。すべてはここから始まった。京大耳鼻科 庄司先生のご厚意でhtml化され、オンラインで見れるようになりました。
「痙攣性発声障害に対する甲状軟骨形
成術2型手術手技解説」
DVD紹介「痙攣性発声障害に対する甲状軟骨形 成術2型手術手技解説」
手術動作から手技を学ぶことができる。多くの人に手技を学んでもらいたいという一色の気持ちがつまった作品。
「声はよみがえる」
DVD紹介「声はよみがえる」
声にお悩みの相談者様との心あったまるドキュメンタリー。一色が技術と共に伝えたい医師としての身構えがひしひしと伝わる。

音声外来専用お問い合わせフォーム

サンプル音声を聞く

診察日が決定した方専用の症状送信フォーム

声のお悩みは他の病気とは違い、客観的には支障が少ないようでも、本人様にとって社会生活上の悩みは深刻です。一方で、より身近に声帯の手術を受ける事が出来る時代でもあります。当院医師と相談しつつ、一緒により良い生活を築いていきましょう。

日頃感じるあなたの声に関するご回答を基に、当院から連絡し解決への道のりをご提案させて頂きます。
まずは私たちと共に不安の軽減に努めましょう。

▲トップに戻る
SSL GMOグローバルサインのサイトシール 本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
すべての情報送信は暗号化により保護されます。